こんにちは。李重雄です。

最近テレワークを導入したいと相談が多くあります。

期間限定でテレワーク導入コンサルをやろうかと考えちゃうくらいです。
このブログを見て相談が多い場合は、本気で考えちゃいます(笑)


テレワークを導入する場合って思ったより、準備が大変なんです。
アプロ総研でやってみて、難しいって思う所を案内します。

テレワークで一番注目されているのが、テレビ会議です。
カフェでテレビ会議をするって思ったより大変なんです。


会社の会議室では当たり前の事が当たり前ではありません。
その為に色々とトラブルがあります。
カフェでテレビ会議出来なかったって良く聞きます。

1.ネットワーク環境
カフェの無料Wi-Fiを使いとても遅い事があります。
テレビ会議中に固まるって事が良くありません。
李重雄は基本的に無料Wi-Fiには繋ぎません。
スマホのテザリングで接続する事が多いです。
各携帯キャリアから大容量プランがあるので、アクセス容量も気にせず使えます。
ちなみに李重雄は毎月50G弱利用しています。

2.音問題
これ、結構重要です。多分一番重要です。
カフェってあんがいうるさい。
廉価版スピーカーなど使って声が聞き取れない場合があります。
カフェでテレビ会議を利用する時は、一般的なヘッドホンを使う事を推奨します。
またカフェの場合は、テレビ会議不可のお店もあります。しっかり確認してください。
李重雄はカフェで利用する場合は、ZOOMのミュート機能を利用して会話する時だけONにしています。


3.パソコン問題
会社からパソコンを提供されずに私物の低スペックパソコンを利用するのは危険です。
セキュリティの問題と、重たくなって会議にならない事があります。
ハイスペックパソコンの利用をおススメします。
アプロ総研ではchromeブックを共有パソコンとして利用しています。


4.セキュリティ問題
横から見られる事や会話を聞かれる事があります。
横見防止シートがありますので、利用してください。
お客様名などは隠語を使うなど対策を行ってください。
隣にライバル会社の人が話を聞いてるかも知れませんよ。。。
ウィルスソフトが入っていないとかは論外です。

ざっと思いつく事を書いてみました。
パソコン、ヘッドホン、Wi-Fi機器、のぞき見防止シートなど準備物が沢山あります。
何を買いたいか困った場合は気軽に相談ください~。

こんにちは。アプロ総研の李です。

最近、ブログを見てるよってお声を頂きます。
ありがとうございます♪

今後も色々と書いていきます。

私が好きな言葉で「継続は力なり」って言葉があります。


李重雄の事を賢いとか色々と知ってると思ってくれてる人が沢山います。
昔から勉強が出来たと思ってくれてる人もいます。

李重雄は勉強が苦手です(笑)
今も自分で賢いとは思った事はありません。

ただ、ECの事に関しては詳しい自信があります。
全国でもトップレベルだと思っています。

それはずっとEC業界に携わってきた自負があるからです。

2007年にECパッケージを作った事から始まりました。
もう13年になります。

13年もずっとEC業界でお客様のサポートを行ってきました。
大成功する事も、怒られる事もありました。

それでもずっとEC業界に携わってきました。


新しい情報をいち早くキャッチできる仲間も出来ました。
一緒に新しい事にチャレンジしてくれるお客様にも恵まれました。
一緒に頑張ってくれるアプロ総研メンバーがいます。

暇があれば24時間365日情報収集をしています。
少しだけ勉強が好きになりました(笑)
集中力は小学生と同レベルです。。。


EC業界でマーケティングの勉強をずっとしています。
なので、今はEC業界に関しては自信があります。

勉強の仕方は教える事が出来ませんが、継続できる方法は伝える事ができます。


これからも変化していくEC業界でお客様の必要なサービスをしっかり提供していきます♪
新しいサービスを準備中なので、お待ちください。

こんにちは。アプロ総研の李重雄です。

最近ちらほらと聞くワードについて、説明します。


「ダイナミックプライシング」って何なの?

商品やサービスの価格について、一定の標準価格を設定し、その商品・サービスの売れ行きにより価格を随時変動させる仕組みである。と言われています。

需要と供給に合わせて、価格を自由に変更する仕組みです。

皆様がしっくりする説明として、寿司屋の「時価」と同じです。
その時の仕入れ金額に応じて、販売金額が異なりますよね。
また寿司屋の対象は、お客様を見て金額を変更しています。

ちょっと話がそれます。
私が高校生くらいなんで、20年くらい前に見たテレビ番組の話です。
寿司屋に女性二人組、男性二人組、老夫婦、不倫っぽい二人組、若者カップルなど色々な二人組で寿司を食べにいきました。
同じ寿司を食べた場合ですが、女性二人組が一番安く、不倫っぽい二人組が一番高い金額になりました。

これも「ダイナミックプライシング」ですよね(笑)

なんか横文字にしたら、難しく感じますよね。
なので「時価」みたいなもんと思っていてください。


ぜは、最近何故この言葉が良く聞くのでしょうか。


この仕組みがECに導入されようになっています。
アクセス数、転換率を見てAIが自動で価格変更を行う仕組みが少しづつ導入されています。


ちょっと極端な話ですが。。。
メーカー様は希望小売価格を設定して、流通経路に左右されずに価格統一に苦労されています。
独禁法の問題はおいといて(笑)


その苦労も意味が無くなります。
「値決めは経営である」と稲盛さんの言葉があります。


これからのAI時代で、この価値観も変化するのでしょうか・・・

ここの変化も注視を行っていきます。

こんにちは。アプロ総研の李です。

テレビでも取り上げられていましたが、楽天市場の送料無料ラインが統一されます。
2020年3月18日から3980円(税込み)以上、沖縄・離島は9800円(税込み)以上で送料無料になります。

私が見たテレビでは出店企業社様の反対の声が特集されていました。
直前まで色々な賛否両論の話題が出てきそうです。

出店企業様にとっては厳しいですが、楽天ユーザはメリットしかありません。
公正取引委員会から「独占禁止法違反の可能性がある」と指摘を受けているようですが、今回は問題ないと考えています。

楽天は出店企業からの反発の声があるにも関わらず、このような事を続けるのでしょうか?

一番の問題は、楽天市場の成長スピードの鈍化です。
Amazon、Yahoo!、楽天で比べると成長率が一番低いのが楽天と言われています。

成長率の鈍化という事は、市場でのシェア縮小につながります。
EC業界は成長産業ですが、その中でシェア争いは激化しています。

EC業界は成長していたので、他モールを気にする事なく成長していました。
AmazonのテレビCMを楽天スーパーセールにぶつけてきたり、他モールをけん制する必要が強まってきました。

その中で楽天の差別化戦略がワンデリバリー構想です。
送料無料に対応できない店舗への救済方法として楽天倉庫案が出てくると思います。


楽天、Amazon、Yahoo!の動向が無視できない2020年が始まりました。

色々と注視していきます。

謹賀新年

| コメント(0) | トラックバック(0)

新年あけましておめでとうございます。アプロ総研の李です。

2020年が始まりました。

李重雄は一足早く1月4日から仕事はじめでした。
今日は全員がそろってスタートです。

初日からドタバタと問題発生です。
2020年も騒がしい1年になりそうです。

今年の課題はたった一つ!


商品開発
です!!


2013年のGVH大阪の書初めで「EC王になる!」誓いました。
それって残してくれてるのかな(笑)

「EC王」になる為に、今期は手ごろな料金プランのサービスを作ります。
約10年間のEC運営で必要と思ったサービスをしっかりつくってきます。


1.受注代行
月2万から受注代行を行います。
キーマンが受注処理のトラブル対応で時間がとられる事がとても多いです。
もったいないですよね。その時間を新しい企画を考えて頂きたいです。
そこを我々が引き受けます。

2.セカンドオピニオンコンサル
キーマンの方はコンサルの先生や、上司からの方向性を示されて行動しています。
でも、その方向性が正しいか不安ですよね。
我々が壁打ち役になります。
また、我々が管理している売上レポートを使って、売上管理を行って頂きます。
それもたったの月3万から対応可能です。

皆様、お仕事お待ちしております!

2020年も突っ走ります!!

一緒にやったりましょう!

こんにちは。李重雄です。

街を散歩しましたが、あまり年末で感じないですね。
テレビ番組だけは年末を感じます。
そういった意味でテレビは大事かもです(笑)


李重雄は41歳です。
今年は本厄でした。

大きな病気にかかる事なく、元気に過ごす事が出来ました。
若い頃みたいに無理は出来なくなりましたが、元気に1年を過ごす事が出来ました。
ありがとうございます。

EC業界は色々な変化がありました。
〇〇PAYの普及、Yahoo!のZOZO買収、物流コストの増加・・・

2020年もEC業界は色々な変化があります。
EC業界の中心は楽天、Amazon、Yahoo!のシェア争いが活発になりそうです。

各モールとのお付き合いするスタンスが大事になってきます。
我々がメインでサポートしているメーカー様を中心に考えると独自ドメイン強化が重要になります。

独自ドメイン強化する事は顧客管理の充実です。
リピート対策をしっかりする必要があります。
もう定期でリピート率を増やしていく時代ではありません。
購入者が何度もリピート購入したくなる仕組み作りが大事になってきます。

2020年は新規獲得コストは跳ね上がると思います。
理由は単純でオリンピック特需でWEB広告はバブルになります。
広告コストが上がるので、新規獲得コストが上がります。

その為に広告に頼らない新規獲得の仕組みが必要です。
それが顧客管理の強化です。

顧客管理をしっかりして、口コミを起きる仕組みを作る必要があります。


あ!
振り返ろうと思ったのに、2020年予測をしています(笑)

久しぶりすぎたので、話が色々と拡散しちゃいました。

2020年はしっかりとブログを書いていきます。

こんにちは。李重雄です。


お盆ですね。
お盆は電話がかかってこないので、集中して仕事ができます。


と思っていたのですが、今年は少し違います。
明日も明後日も客先訪問があります。


我々はメーカー様に特化したEC運営代行を行っています。
路面店を出店しているメーカー様は土日、祝日は稼ぎ時です。
もちろんお盆などの巷が休みの時は働いています。


GW,お盆休み、年末年始も働きます。

これってシステムエンジニアをしていたサラリーマン時代を思い出します。

システムリプレイスをする時は基本的に、みんなが休んでいる時にします。
大規模でない時は金曜の深夜から土日にかけて行っていました。
大規模な時は、GW期間に行っていたのが多い気がします。


皆様が以外と思うかも知れませんが、私は29歳までシステムエンジニアを行っていました。
プログラムもゴリゴリ書いていました。
あ、これはうそです。プログラミングは嫌いでした(笑)


最近、元エンジニアと言えば意外と言われる事が増えました。
でも、事実なんです。


流通業界、金融業界の顧客管理システムをメインでやっていました。
多くの案件に携わりましたがずっと顧客管理系をやっていました。
最近はビックデータが注目されています。注目される前から一応やっていました(笑)


システムリプレイスでは、マウスを使えないパソコンの場合はDOSコマンドで処理をしていました。

そうなんです!李重雄は元エンジニアなんです!

こんにちは。李重雄です。

梅雨があけません。
水たまりにはまってしまい、靴下まで濡れてしまいました。
まだ帰社中だったのが救いです。。。
早く梅雨明けしてほしいです。


お客様に待ってもらったり、提案スピードが遅くなったりご迷惑をおかけしています。
すいません。

採用を強化して乗り切っていきます。


採用を強化すると手間も増えます。
採用会社からの営業電話が極端に増えました。
現在は4社の採用媒体を利用しています。
それを見て電話を頂いたり、問い合わせホームからご連絡をいただけます。
※現在はこれ以上増やす予定はないので、控えて頂けるととても嬉しいです。

しかし、この営業電話が増える事はとても勉強になります。
採用媒体に出稿するという事は採用ニーズがあると言う事です。
少しコストも高い所にサイトに出稿してから営業電話は極端に増えました。

これってとても簡単なマーケティングロジックです。
採用ニーズがあって、払える費用感まで筒抜けです。


以前に、日経新聞に記事が掲載された時も問合せ電話より営業電話が増えました。
テレビに取り上げられた時も投資営業の電話が増えました。


営業ロジックがしっかり作られているってとても大事だと認識できました。


アプローチ方法に課題はあると思います。
私からこう改善するだろうなって考えちゃいます。
アプローチ方法を聞きたい人は食事に連れていってください(笑)
いっぱい話します。


今年のアプロ総研のスローガンは
小さな勇気で行動する!
です。


今年度もやったります!

令和開始!

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは。李重雄です。

令和が始まりました。

アプロ総研は4月決算です。
5月が新年度の始まりです。

これまで5月開始は不便を感じていました。
新年度のスタートダッシュが出来ません。
ゴールデンウイークがあるので、お休みから始まります。
その為に決算月を変更しようと本気で考えていました。

しかし!

今回だけは4月決算で良かったです。

令和の開始とアプロ総研の開始が同じです。

2019年度が始まりました。

私がEC業界に携わって13年目です。
アプロ総研は8期目です。

今年度は、原点回帰です。

お客様に喜んで頂けるサービスを色々と展開していきます。

楽しみにしててください♪

こんにちは。李重雄です。

日進月歩で進むEC業界。
毎年大きな変化があります。

色々な交流会に参加すると、変化についていく事が大変と良く声を聴きます。

ここで私はいつも違和感があります。
EC業界はこれから、もっともっと変化していきます。
変化についてこないと、取り残されます。
ちょっと手を抜いただけで、簡単に取り残されます。

考えてみてください。
まだEC業界の歴史は浅いです。20年くらいです。
ちょっと調べてみたんですが、楽天市場が誕生しているのは1997年5月でした。

他の業界に比べて20年ってとても浅い業界です。
業界の歴史から見ても変化します。

10年前はスマホのECがここまで成長すると思っていませんでした。
PCからスマホ、スマホから???
※???に何が入るかわかりません。IOTと言うとけば正解だと思いますが(笑)


断言します。
EC業界は目まぐるしく変化します。


変化に順応出来ない企業様は、ECには手を出さないほうが賢明です。
難しい業界です。


それでもEC業界に手を出したい企業様へ朗報です。


わがアプロ総研へ相談ください。
ECのプロである李重雄が相談にのります。


って最後は営業っぽいブログになっちゃいました(笑)



アイテム

  • スタバならんでる.jpg
  • スタバロゴ.jpg
  • amazon受付.jpg
  • lee20170707.JPG
  • 0060_xlarge.jpg
  • lee2.jpg
  • 20141120.jpg
  • 20140924tokyo.jpg
  • 20140906NTT.jpg

ウェブページ